フローチャートを作成する際に、「もっと素早く作成したい」「もっと見栄え良く作りたい」と思ったことはありませんか?
ExcelやWord、PowerPointでもフローチャートは作成できますが、Webサービスやツールを使うことで、より見やすい・理解しやすいフローチャートがカンタンに作成できるようになります。
本記事では具体的なフローチャートを作成するツールと検討の際のポイントをご紹介します。ツールを選定する前に、具体的なフローチャートの作成方法を知りたい方は、フローチャートの作り方と使用する記号の意味をまとめた記事がありますので、そちらを確認してみてください。

フローチャート作成ツールのおすすめ

紹介するフローチャート作成ツールはおすすめ順になっています。今回、選定の観点としては以下を考慮しています。

  • 正しい記号を用いて本格的なフローチャートを作成できるか
  • スピーディーに高品質なフローチャートができるか
  • 操作が簡単か
  • 機能に対して料金が安いか

上記の判定基準のため、図表ツールとして性能が良くても、フローチャートの作成に向いていないければ、評価を下げています。筆者も可能な限り実際のサービスを操作して、感想と共に記載していますので、合わせてご参考ください。

Lucidchart

公式サイトURL
https://www.lucidchart.com/pages/ja

サービスについて

Lucidchart サンプルイメージ

複数人でリアルタイムに同時編集ができる作図ツールです。フローチャートだけでなく、ビジネスで利用する様々な図表を作成することができます。
上記のサンプルイメージは実際に筆者が作成したものです。左側に用意された図形からドラッグアンドドロップですぐに作成できます。また、フローチャートに特化した記号が用意されているので、あらゆるケースのフローチャートを表現できます。

良い点
非常にシンプルで、フローチャートの作成のみであれば、十分事足りるかと思います。また、1人での利用であれば無料で使用できるのも嬉しいポイントです。操作性も良いのでストレスなく、スピーディーに作成できます。

悪い点
シンプルである分、フローチャートで使用する細かい記号のデザインを変更する場合には柔軟性が低いと言えます。

料金
フリープランが用意されていて、編集可能なドキュメント上限数3つまで利用可能となっています。フローチャート作成に必要な機能は一通り使用できるので、1人で簡易なフローチャートを作成したい場合、十分に事足りるかと思います。詳細についてはLucidchartの料金ページをご確認ください。

draw.io

公式サイトURL
https://drawio-app.com/

サービスについて

draw.io サンプルイメージ

無料で利用できる作図アプリケーションです。draw.ioのアプリケーションサイトにアクセスするとアカウント作成も不要ですぐに作図を開始できます。
操作感は前述のLucidchartと比較的似ていて、画面左側の記号一覧から記号をドラッグアンドドロップして作成していきます。

良い点
使い始めが非常に楽です。アカウント作成が不要でdraw.ioのアプリケーションサイトに直接アクセスするだけでカンタンに図表を作成できるので、気軽に使い始められます。また、フローチャートの記号以外にも多くの描画用パーツが用意されているので、フローチャートと合わせて補足情報を充実させるような場合にも使いやすいです。クラウド版単体の利用であればサービスは無料です。

悪い点
共同編集には対応していないため、複数人で同時に作図することができません。また、作成した図をサービス単体でシェアする方法がなく、Google DriveやOne Driveを活用する必要があります。

料金
クラウド版、デスクトップ版は無料で利用することができます。また、他のクラウドサービスとの連携として、Confuence Jira app(Atlassian製の開発ツールと連携させる機能) が用意されていますが、この場合は料金が発生するので注意が必要です。Atlassianと連携させる場合の費用詳細は、drow.ioの料金ページをご確認ください。

CaCoo

公式サイトURL
https://cacoo.com/ja/

サービスについて

cacoo サンプルイメージ


国内企業が提供するオンライ作図ツールです。フローチャートだけでなく、ワイヤーフレームやプレゼン用の資料など作成できます。Cacooは共同編集を強みにしたサービスです。14日間のみ無料トライアル利用が可能となっており、それ以降は料金が発生します。他のサービス同様、左の記号一覧から記号を選択して作成していく形です。フローチャートの作成において、複数人で同時編集をしたい場合の利用がおすすめです。

良い点
複数人で一つのワークフローを作成していく場合は同時編集機能が充実していることもあり使いやすいです。フローチャートの作成に必要な記号も一式用意されています。

悪い点
永続的に利用可能な無料プランの用意がなく、無料トライアル14日間のみとなっています。1人で簡易に利用したい場合には、前述のサービスを利用する方がメリットが大きいです。

料金
永続的に無料で利用できるプランが存在しません。最低料金は1アカウントあたり月額600円となっており、かつ、最低3名からの利用となるため1ヶ月あたり最低1,800円が必要となります。詳細はCacooの料金ページでご確認ください。

Edraw Max

公式サイトURL
https://www.edrawsoft.com/jp/edraw-max/

サービスについて

EdrawMax サンプルイメージ


作図をカンタンに効率的に行えます。テンプレートや記号、図形などが数多く用意されているので、見栄えの良いフローチャートを素早く作成することが可能です。さらに、作成したものは、様々なフォーマットで共有できます。ただ、Webサービスが用意されていないため、ダウンロードして利用する必要があります。フローチャートの作成にあたってはフローチャートに特化したテンプレートが用意されています。しかも、用意されているテンプレートが豊富です。ただし、本来のフローチャートの記号等を正しく踏襲したテンプレートが少ないのでご注意ください。

良い点
多機能であるため、フローチャートだけでなく様々な作図が行えます。フローチャートと合わせて異なる資料を図を用いて作成する場合には重宝します。

悪い点
ブラウザから利用可能なクラウドサービスが多いなかで、インストールが必要なソフトウェアであるという点で不便さを感じます。

料金
無料で使えるライセンスもありますが、ビジネスで活用する場合は商用利用可能なビジネスライセンスがあります。ソフトの利用期間は無期限で、3年間の無料アップグレード保証がついています。詳細については、Edraw Maxの料金ページから確認してみてください。

Figma

公式サイトURL
https://www.figma.com/

サービスについて

Figma サンプルイメージ

柔軟性と操作性に優れたイラストレーションツールです。非常に自由度が高く、Webサービスとは思えない快適さで様々な図形作成やデザインが可能です。
ただし、自由度が非常に高い反面、使いこなすためには慣れも必要となるため、一般的なフローチャートを作成するという点においてはオーバースペックと言えます。また、フローチャートの作成に使用する記号やテンプレートは用意されていません。

良い点
自由度が非常に高いです。代表的なデザインツールIllustratorにも遜色ない機能が無料で利用できます。フローチャートだけでなく、同じツール内でデザインの要素を含む作業をしたい場合には大変便利です。

悪い点
フローチャートに特化した機能がないため、シンプルなフローチャートを作成する場合は逆に時間がかかってしまいます。また、他のサービスと比べて使いこなすには時間と慣れが必要です。

料金
Figmaは無料プランが用意されています。2名で3つのプロジェクトまでの利用であれば、無料で使い続けることができます。それを超える場合は料金が発生します。詳細については、Figmaの料金ページで確認してください。

Canva

公式URL
https://www.canva.com/ja_jp/graphs/flowcharts/

サービスについて

canva サービスイメージ

オンラインで利用可能な作図サービスです。フローチャーの作成も可能ですが、PowerPointのようなプレゼンテーション形式のページに様々な図表やデザインを作成できます。フローチャートのデザインテンプレートも用意されていますが、かなり抽象なものが多いので、正しい意味合いの記号等を用いて作成したい場合には不向きです。
ただ、ビジネスのプレゼンテーション等で、全体の概要やイメージをざっくりとしたフローチャートで図解したい場合には便利に活用できるでしょう。

良い点
カジュアルなフローチャートを作成したい場合には便利です。本格的なフローチャート作成は難しいものの、デザイン重視で抽象的なフローチャートを作成したい場合には、テンプレートも豊富で使いやすいサービスといえます。

悪い点
記号の意味などを抑えた厳密なフローチャートを作成するうえでは不向きです。また、永続的に利用可能な無料プランが存在しません。試用期間として30日間のみの無料プランが用意されています。

料金
無料の試用期間は30日となっています。それを過ぎると1ユーザーあたり月額$9.95の金額が必要となります。さらに機能が充実している企業プランもありますので、詳細はCanvaの料金ページから確認してください。

ツールの選び方について

無料のもの、有料のものを含めていくつかサービスを紹介させていただきました。ただ、もし、これからフローチャートを初めて使用する場合や、ドラフトとしてフローチャートを作成する場合はExcelやWordなどで十分です。様々なパターンで沢山のフローチャートを作成しなければならない場合や、作成する頻度が高い場合にのみツールの導入を検討すると良いでしょう。

今回、複数のサービス、ツールをご紹介しましたが、冒頭の条件に照らし合わせると『Lucidchart』か『Draw.io』のいずれかがおすすめです。

まとめ

世の中のフローチャートツールについて把握できましたでしょうか?ツールを正しく活用することで、より効率的にクオリティの高いフローチャートが作成可能になります。無料で試用できるサービスがほとんどですので、興味が湧いたものはぜひお試しください。

オススメの記事